ASSET FLOW MANAGEMENT SYSTEM

資産フロー管理システム

業務用端末のライフサイクルマネジメント

業務端末管理にまつわるお悩み

業務端末の不具合が発生すると、
現場からの回収、代替機の手配、管理部門との調整、
発送日や発送先の確認や調整など
非常に煩雑な作業になっていたのではないでしょうか。
拠点では複数メーカーの機器・端末を使用している場合が多く、
それぞれメーカーごとの流通/保守サービスの経路が違うため、
拠点側で適時確認・判断した上で処理を進めていく必要があります。
多くの場合、これらの業務はその煩雑性から
特定の人に集中する俗人化した業務となっています。

こんなことで困っていませんか?

ISOLの資産フロー管理システムなら解決できます。

ISOLの「資産フロー管理システム」では、

・現場での端末管理業務

・メーカーへの修理申請や予め指定された修理工場への発送

 (送り状や修理依頼書の自動生成・発行)

・メーカーによる見積処理

など、手間をかけずに端末のライフサイクル全般の管理が可能となります。

ユーザー企業が保持している端末情報は、それらの製品モデルとシリアル番号、
使用されている拠点などの情報が含まれ、登録メーカーもアクセス可能です。
不具合が発生した端末に対する修理発送の迅速化、
また故障理由や故障率などの情報を相互に確認することが可能となります。

NFCカード

QRコード

NFC端末

端末状態データ収集の迅速化

ISOLの資産フロー管理システムなら、
端末・サーバー間の接続設定を端末一台ずつ行う必要がありません。
NFCやQRコード機能を通って、デバイスを
ワンタッチで設定することが可能になります。
また、資産フロー管理システムの利用に伴う
データ利用量は非常に少なく、
端末のバッテリー消費への影響は僅かです。

資産フロー管理システムの特徴

端末の資産管理

ー 端末のステータス管理 ー

拠点単位での個別の管理形態に合わせて
・個々の端末は現在どの部門で使用されているのか
・或いは予備機として保管されているのか
・個々の状態管理(バッテリー残、利用エリアなど)

など一元的な資産管理が可能です。

MDM(モバイル端末管理)ソリューションを
利用されている場合、システム連動することで
重複処理を排除することが可能
です。
MDMでは取得できない倉庫外(修理プロセスなど)
のステータスも把握することで
端末のライフサイクルを一元管理します。

複数拠点で使用されている複数メーカー/複数モデルの
機器・端末を一元的に管理することを可能としたうえ
利用部門ごとにメーカー/モデルごとの故障率や
修理スピードなどを把握・管理することが可能です。

端末の修理工程の見える化

ー 保守担当・修理担当の業務改善に寄与 ー

端末に関わる情報の一元化、プロセスごとの
ステータス管理を行うことで工程全体の
見える化が可能となり、俗人化からの脱却と
業務の効率化
が図れます。

修理工場担当者への出荷事前情報(ASN)のにより、
受入業務や修理等の準備効率化が可能となります。

倉庫内での故障発覚から修理工場での修理実施、返却までの進捗ステータス確認が可能となります個別の台帳管理や電話連絡業務を抑制できます。

パートナーシップ

ーパートナーシップ支援 ー

購入時の商流や保守運用時の経路は複雑です。
本ソリューションを介するとどのようなスキームでの
契約が交わされていてもメーカーとユーザー企業が
直接的に情報連携が可能となります。

個体情報をメーカー/ユーザー企業双方で把握することにより、メーカーの付加的なサービス提供を可能とし、
ユーザー企業がより良いサービスを受けることを可能とします。

メーカーの修理工場との情報連携を密にすることで、
保守運用担当や拠点管理者の業務計画など
管理業務全般の効率化に寄与します。

PDF資料のダウンロードはこちらから


サイトマップ

私たちについて
ブログ
ニュース
キャリア
コンタクト