Go to top
資産フロー管理システム

Asset Flow Management System

業務用端末のライフサイクルマネージメント

業務端末管理にまつわるお悩み

業務端末の不具合が発生すると、現場からの回収、代替機の手配、管理部門との調整、発送日や発送先の確認や調整など非常に煩雑な作業になっていたのではないでしょうか。

拠点では複数メーカーの機器・端末を使用している場合が多く、それぞれメーカーごとの流通/保守サービスの経路が違うため、拠点側で適時確認・判断した上で処理を進めていく必要があります。多くの場合、これらの業務はその煩雑性から特定の人に集中する俗人化した業務となっています。

➡   機器・端末の資産管理、状態管理、
修理時の発送/受領、見積対応、(修理実施可否等の)
判断などが煩雑で俗人化してしまう。

ISOLの「資産フロー管理システム」なら、解決できます!

ISOLの「資産フロー管理システム」では、現場での端末

管理業務、メーカーへの修理申請や予め指定された修理工

場への発送(送り状や修理依頼書の自動生成・発行)、メ

ーカーによる見積処理など、手間をかけずに端末のライフ

サイクル全般の管理が可能となります

ユーザー企業とメーカーの共有プラットフォームに

ユーザー企業が保持している端末情報は、それらの製品モデルとシリアル番号、使用されている拠点などの情報が含まれ、登録メーカーもアクセス可能です。

不具合が発生した端末に対する修理発送の迅速化、また故障理由や故障率などの情報を相互に確認することが可能となります。

資産フロー管理システム

Innovative Solutions, Inc.

もしも...

1 複数拠点における複数メーカーの端末の運用管理に苦労している…

2 複数メーカーとの修理プロセスを総合的に管理するのが困難(Excel管理になってしまっている)

3 端末の利用状況やバッテリーの消費状況を把握し、予備機の台数の適正化、バッテリー等の交換時期を把握したい…

ISOL「資産フロー管理システム」で解決!

ビジネスパートナーとより密な連携を図り、資産をより有効に活用しましょう

   ➡ 端末の資産管理

   ➡ 端末の修理工程見える化

   ➡ メーカーとユーザー企業のパートナーシップ支援

端末状態データ収集の迅速化

ISOLの資産フロー管理システムなら、端末・サーバー間の接続設定を端末一台ずつ行う必要がありません。NFCやQRコード機能を通って、デバイスをワンタッチで設定することが可能になります。

➡NFCカード機能

➡QRコードスキャン機能

➡端末間 NFC機能

AFMSの利用に伴うデータ利用量は非常に少なく、端末のバッテリー消費への影響は僅かです。

  1. 使用中の端末が故障した際、現場リーダーまたは管理者がデバイスをスキャンし、AFMSを通してメーカーに修理依頼を送信

  2. 故障したデバイスをメーカーの修理センターに送付。修理センターの住所は拠点ごと/メーカーごとにシステムで事前登録。

  3. メーカーの修理センターにてデバイス受領後、端末の状態を確認し保守契約の条項等や故障度合いに照らし合わせて修理の見積を入力

  4. ユーザー企業は提示された見積を承認或いは拒否する。拒否した場合、修理センターは故障した端末を修理せずに返還(破棄依頼も可能)。

  5. 修理センターは端末をユーザー企業に送り返す。到着後はアクティブな端末として再割り当てされる、または(未修理の場合)廃棄処理。

複数プラットフォーム対応

システムの特長

端末の資産管理

端末のステータス管理

  • 個々の端末は現在どの部門で使用されているのか、或いは予備機として保管されているのか。拠点単位での個別の管理形態に合わせて同ソリューションで一元的な資産管理が可能です。
  • 予め機器・端末に設定を行うことで、個々の機器・端末の状態管理(バッテリー残、利用エリアなど)が可能です。
  • MDMソリューションを利用されている場合、システム連動することで重複処理を排除。MDMでは取得できない倉庫外(修理プロセスなど)のステータスも把握することで端末のライフサイクルを一元管理します。。

利用傾向分析

  • 利用部門ごと、メーカー/モデルごとの故障率や修理スピードなどを把握・管理することが可能です。

一元的な管理

  • 複数拠点で使用されている複数メーカー/複数モデルの機器・端末を一元的に管理することを可能とします。

端末の修理工程 見える化

(ユーザー企業)保守担当、(メーカー)修理担当の業務改善に寄与

  • 端末の修理に纏わるプロセスは商流の複雑さを継承している場合も多く煩雑です。その為、ユーザー企業の同業務は俗人化していることが多く見られます。また、メーカー側の営業/修理担当者もユーザー企業ごとに個別対応しているケースが見られます。
  • 端末に関わる情報の一元化、プロセスごとのステータス管理を行うことで工程全体の見える化が可能となり、俗人化からの脱却と業務の効率化が図れます。

修理プロセス進捗追跡

  • 倉庫内での故障発覚から修理工場での修理実施、返却までの進捗ステータス確認が可能となります。個別の台帳管理や電話連絡業務を抑制できます。

メーカーとユーザー企業のパートナーシップ支援

パートナーシップ

  • 購入時の商流や保守運用時の経路は複雑です。しかしながら、本ソリューションを介するとどのようなスキームでの契約が交わされていてもメーカーとユーザー企業が直接的に情報連携が可能となります。
  • 個体情報をメーカー/ユーザー企業双方に把握することにより、メーカーの付加的なサービス提供を可能とし、ユーザー企業がより良いサービスを受けることを可能とします。

情報連携で拠点ユーザー/保守担当/修理工場要員の負荷軽減

  • メーカーの修理工場との情報連携を密にすることで、保守運用担当や拠点管理者の業務計画など管理業務全般の効率化に寄与します。
  • 修理工場担当者への出荷事前情報(ASN)の提供により、受入業務や修理等の準備効率化が可能となります。

PDF版パンフレットのダウンロードはこちら

お問い合わせ

Our Contacts

  • 〒141-0032 東京都品川区大崎1-2-3                  アートヴィレッジ大崎ビュータワー315
  • 03-6420-0692
  • info@innovative-solutions.co.jp

30日間無料体験実施中です。   お気軽にお問い合わせください。





多様なソリューションで、包括的にサポートします!

ISOLのシステムラインナップ

スタッフプランナー

~管理者とスタッフのコミュニケーションにかかる工数を削減~

スタッフとの契約に沿った月次シフトの整備、繁忙期の増員や欠員が出た場合のスタッフへの連絡を一括で発信などが可能で管理者の工数を大幅に削減することが可能です。

また、スタッフは個人のスマートフォンで都合の良い時間にシフトの確認や欠勤等の連絡、出勤依頼への応対などが可能になり、時間的な拘束が大幅に緩和されます。

見える化システム

事業の成否を分かつ可能性のある存在として注目されている物流センター。人とモノと機械が絶え間なく動く環境においてそれぞれをリアルタイムに一元的に把握し、状況に対して適切な判断・指示が行えるようにすることは、このミッションクリティカルなビジネス環境には必要不可欠なことです。

また、物流センターのパフォーマンス状況をCLO(Chief Logistics Officer)などの経営層に見えるようにすることで、より戦略的な判断を促すことも可能になります。

作業工程管理システム(TTS)

紙での作業報告では情報収集に多大な工数がかかります。入退室管理に依存した管理では情報が粗すぎて正確な情報を得ることはできず、改善につながりません。

ISOLの「タスク管理システム」では報告業務を簡素化し、作業員/業務ごと要した時間を正確に把握することを可能にします。

ニュース配信登録
ISOLでは国内外のサプライチェーンマネージメントやBPMN、プロセスマイニング等に関する最新情報、最新の市場動向だど、さまざまなトピックに関するメールマガジンを発行しています。
ISOLへご提供いただいたお客様の個人情報・特定個人情報は、個人情報保護方針に従って適切に保護されます。
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial