TASK TRACKING SYSTEM

タスクトラッキングシステム

個人の実績をより簡易的に取得、「改善」に生かす

スタッフがどのような業務に
従事しているのかを簡易的に
把握できることが出来れば、
スタッフの評価を正確に
行うことができます。
スタッフとの信頼関係を高められる上に
生産性が課題になっている
“業務プロセスの見える化”にも
生かすことが可能です。

例えば作業員ごとの正確な作業内容、
時間の把握は難易度が高い...

紙での作業報告では情報収集に多大な工数がかかります。入退室管理に存在した管理では情報が粗すぎて
正確な情報を得られず改善につながりません。
WMS(在庫管理システム)からはトランザクション情報しか得ることが出来ません。

その問題、ISOLの
タスクトラッキングシステムなら解決できます。

ISOLの「作業工程管理システム」では報告業務を簡素化し、作業員/業務ごとの時間を正確に把握することを可能にします。

倉庫業務管理に特化したソリューションを

複数荷主向けの業務を統合管理(3PL)

標準作業(入庫、棚入れ、ピッキングなど)を事前に登録すると、
これらの作業が登録されたユーザー企業の作業一覧に自動的に追加されます。
倉庫ごとに新規で作業工程を追加することができます。
正社員、契約社員、または倉庫ごとに特定の社員タイプを設定することができるなど、
条件に応じたスキルセットも簡単に登録、付与することが可能です。
複数の顧客や荷主などの管理を一つのプラットフォームで混同することなく管理することが可能です。

作業員生産性見える化

システムによって収集するデータをもとに作業員の評価を実施することが可能です。
与えられた時間内にどれほどのタスクが実行されたかなどを評価し、
人事考課に役に立てられます。生産性と作業状況を把握することで、
業務量に沿って必要な人数を判断することが可能になり、
作業ごとに最も生産性の高い作業員を選定することも容易となり、適切な要員配置が可能となります。

正確な給与・請求計算

トランザクション数に応じた課金のみに関わらず、実際の工数に応じた課金も可能となります。
デジタルデータを元に集計等の時間をかけることなく荷主への請求処理につなげることで、
荷主に対してより良いサービスの提供が可能となります。
また、高いスキルレベルを必要とする作業工程は、一般的な作業工程と比較して
高い単価を設定することも可能です。一律の単価に限定されることなく、
同じ作業員でも従事した工程に応じた単価を適用することで、
作業員のモチベーションにつなげることが可能です
 実際の画面をご覧ください 

多様な管理方法の実現を目指す

作業分類・工程は任意で作成することが可能です。
全社的または業種・業態ごとなど、標準化が
進んでいる場合は管理対象とする作業分類や
工程を本部主導で設定することで、それに
合わせた運用を現場側にて踏襲することになります。
標準化の対象とならない拠点などにおいても、
作業者/業務工程ごとの投入工数の把握が
必要な場合、現場主導で分類や工程を登録し、
作業者に登録を促すことも可能です。

フィジカルデバイスの適切な設置

作業員が入力処理を行うのに最適な場所を
見極めて設置する必要があります。
作業開始にそれぞれの作業内容を画面上で選択し、
IDにかざしてスキャン。 そして終了時には
IDのスキャンのみで報告が完了し
そのままシステム上にも反映されます。

WMS実績との連動

トランザクションを詳細に取得するWMS
(Warehouse Management System;在庫管理システム)
データとの連動により、具体的な
作業結果が集計・分析可能となります。
「作業工程システム」とWMSの業務工程を
一律にすることで、自動的に作業員ごと、
作業工程ごとの生産性が把握可能になります。

HOW TO USE

1.荷主の登録

各倉庫における管理対象の荷主を登録

 

2.作業分類・工程の登録

管理対象とする作業を、分類と作業工程と2つの階層で登録

 

3.作業員の登録

所属企業と従業員タイプ、スキルレベルなどを定義・登録

 

4.作業開始・終了登録

作業の開始時と終了時にIDをスキャンすることで報告

PDF資料のダウンロードはこちらから


サイトマップ

私たちについて
ブログ
ニュース
キャリア
コンタクト