HACCP

ハサップソリューション

HACCP認証取得ため、こんな課題はありませか?

HACCP業務プロセス整理が面倒で時間も負荷もかかる​
HACCP文書作成・メンテナンス作業が属人化してしまう
HACCP文書の整合性の確保が困難
モニタリング対象が不明確であったり、手入力の作業も多く管理レベルにばらつきが出る
Previous
Next

その問題、HACCPソリューションなら解決できます。

例えば対応業種は以下の通り

そもそもHACCPとは?

HACCP (Hazard Analysis and Critical Control Point)

HACCPとは、「Hazard Analysis Critical Control Point」の頭文字をとったものであり、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保するための衛生管理の手法です。令和3年6月1日から、原則としてすべての食品等事業者がHACCPに沿った衛生管理に取り組むことが制度化されました。

HACCP制度化の課題

HACCP文書化を行う際、ほとんどの企業でエクセルをはじめとしたオフィスツールを利用して業務プロセスの整理が行われています。特にエクセルが利用されているケースが多いようですが、エクセルは表作成には適しているものの、作図には必ずしも適していないため以下のような課題が起こりえます。

HACCP文書の作成・メンテナンス作業の属人化

HACCP業務プロセスの作成・整理・修正を実施する際に特に苦労されているのは、工程の連番の採番、フローダイアグラムの工程間の接続線の意味付けなどの処理です。複数の担当者で作成する際には文書の書式・粒度がバラバラになってしまうこともあり、結果として全体の業務プロセスが非常に分かりにくくなってしまうことが多くあるようです。一般的に製造工程全体の業務プロセスを網羅的、且つ適切に把握している人は限定されていることが多いこともあり、文書化業務も結果として特定の人物に集中してしまうこと傾向が見られます。

HACCP文書全体の整合性の確保

HACCP文書化を行う際にはエクセルを始めとするオフィスツールの活用が多くみられますが、各プロセスやアクティビティーと各種ハザードや重要管理点の紐づけ関係の整合性を確認しながら作成するのは非常に困難です。

モニタリング業務の課題

マネジメント層はリスク管理の視点からモニタリング導入に積極的である場合が多いですが、現場業務に精通していないためどこから手を付けるべきかの見極めが困難となっている場合があります。一方現場側も、マネジメント層から指示される業務改革やモニタリング導入を迅速に行なえない場面が多くあるようです。特に、スーパーマーケットや小売店では、冷蔵・冷凍ショーケースの温度データを手作業で紙に記録、紙のまま保管・管理されている場合が多い状況であり、手作業では記録漏れや測定ミスなども起きやすく、義務を遂行する上でのリスクが高い状態となります。

HACCP制度化における課題解決のためのHACCPソリューション

前述した文書化の課題対策として、弊社ではBPM(ビジネスプロセスマネージメント)ツールであるiGrafx Flowcharterの活用を推奨しています。同ツールは直感的な描画機能を提供しており、複雑なビジネスプロセスやシステムフロー、ネットワーク図表など短い時間でドキュメント化することができます。国際規格であるBPMN2.0に準拠したツールとなっており、プロセスフローを作成する上で重要な階層・粒度の標準化なども踏襲しつつ整備することで、業務ノウハウの資産化が可能となります。
弊社では、食品製造工程ごとにフロー化し、食品分類別にモデル化することで、食品製造業者の皆様がHACCP文書化を行う際に活用頂けるテンプレートとして準備しています。このようにテンプレートを活用頂くことで、前述したような文書化の課題に陥らず、HACCP義務化への対応を実現することができ、更には本来の目的である継続的にPDCAサイクルへの取り組みの基盤とすることができます。
弊社のHACCPソリューションが選ばれる理由

圧倒的な生産性を実現するフローダイアグラム作図が可能

図形パレットから図形を選択し、配置するだけです。図形をドラッグして
引っ張るような感覚で初心者でも素早く簡単にフローダイアグラムを作成
することができます。また、接続線の繋ぎ直しや線跨ぎの自動変換などの様々な自動補正機能により、直感的で快適な作図作業を実現します。

レポジトリ管理・各工程にHACCP関連書類を紐付ける

エクセル形式のハザード分析表やOPRP/CCP表をレポジトリで管理され、
これらの管理表はフローダイアグラムと内容(工程番号・工程名称等)の整合性を保った形で紐付けることができます。各工程図形に紐付けされている書類を確認しながら遂行する仕組みを築くこともできます。

接続線の自動補生機能

線またぎ自動変換機能

図形のナンバリング

ページまたぎ自動変換機能

フローチャートを整える

業務プロセスの多言語表示

各種ファイル形式出力

リンク機能

図形に、他の図表や、外部ファイル、Web ページへのリンクを張ることができます。リンクは1つの図形に複数張ることもできます。

iGrafx Flowcharterに加えてiGrafx Platform+IoTで製造業の継続的なビジネスプロセスマネジメントを強力に支援

iGrafx Platformの機能

まずプロジェクト管理プロセスの要素分解を行い、各要素をiGrafx上で業務フロー図に落とし込んでいきます。その後、各要素に関連する資料や成果物などのリソースを業務フロー図にリンクしていきます。内容が専門的で項目数も多いので、手間と時間がかかる作業ではありますが、Microsoft Excelやほかの情報共有ツールを使うのに比べれば、iGrafxを使った情報の登録・修正作業はとてもスムーズです。

食品衛生管理システムに対応で重要な「食品温度管理」をIoTで実現します!

「iGrafx Platform+IoT」なら、自動取得したデータはiGrafx Platform ダッシュボードを通じてデータを自動的に監視・記録し、いま手作業で行っている管理システムを自動化することができます。センサーをプロセスにある工程に紐付けるように設置すれば、現場作業者はセンサーとどちらの工程関連されるのが一目瞭然になります。

遠隔でモニタリング

「食品温度管理+IoT」を通じて自動取得したログデータはクラウド上に蓄積されます。蓄積されたデータは集中モニタリングの他、「エリア」、「店舗」、「センサー」ごとにも閲覧・集計できるため均一な品質管理が可能となります。

可視化

温度データを直感的インターフェースで可視化。リアルタイムの温度情報と過去の実績値を数値表示。ダッシュボードを提供します、様々な表現が可能です。

通知機能

測定している温度に異常が発生した際は、自動音声・メール等で自動発報されるため、コールセンターを通さずダイレクトに指示・連絡ができます。温度異常や機器故障のみならず、食品事故発生時の状況確認、対策メンバーへの情報共有・緊急対応指示もiGrafx Platform ダッシュボードを通じてポータル上で迅速におこなえるため、営業への影響を最小限にとどめます。また、非常時の連絡は電話やメールなど複数の連絡手段で繋がるまで繰り返し連絡し続けます。

企業全体でのコラボレーション

プロセスナレッジを共有することで組織や部門を超えたハイレベルな改善に取り組むことができます。共有されたプロセスに変更を加える場合、他部門に大きな影響を与える可能性がありますが、iGrafx Platformを使用することにより、プロセスを共有する部門同士はお互いへの影響を考慮しながら、革新的かつ建設的な業務改善に取り組むことができます。

変更履歴は自動記録

プロセスが複雑化すると、いつ、誰が、どのような理由でプロセスに変更を加えたのか、詳細な変更履歴を残しておく必要があります。iGrafx Platform は作成者や変更者、変更時刻を自動的に記録し、さらに、変更者がコメントを追加することができます。また、柔軟なアクセス権の設定により必要な情報を必要な人にだけ提供することができます。

すべてiGrafx Platform に対応しています

iGrafx シリーズに iGrafx Platform Client を追加でインストールするだけで、すぐに iGrafx プロセスリポジトリにアクセスすることができます。また、iGrafx管理者はデータベースに関する特別なスキルがなくても、専用の管理ツールを使って簡単にデータベース管理を行うことができます。

記述機能

製品概要に関する情報を自由に入力・修正することができます。

ドキュメントの一元管理

部門データディクショナリ

リポジトリ内で共通で使用される部門名称を共有情報として管理できるようになりました。これにより、部門名称に変更があった際には、その部門名を使用する図表に対しひとつひとつ修正を行う必要はなく、管理された部門名を変更する事で図表上の部門名が自動的に更新されます。

ドキュメント検索

リポジトリに格納されたドキュメントは、変更者、変更日時、承認の状態、ドキュメント名など様々な条件を設定し、高度な複合検索が可能です。膨大な量から、類似するプロジェクトの情報、目的のドキュメントを素早く見つけ出すことができます。Web Central からのドキュメント検索も可能です。

アクティビティリストの表示

iGrafx Platform エクスプローラウィンドウ上に、アクティビティリストを表示します。図表内に含まれているアクティビティ名称の一覧が表示されることにより、図表の内容を展開表示させることなく、確認できます。

さらに図表内に含まれているアクティビティの記述を表示し、アクティビティ担当者、責任者など関連情報も確認できます。

リスクマトリックス設定

iGrafx Platform上で、図表内に含まれているアクティビティのリスクの影響、発生可能性をその危険性[度]毎に色分けする事にしました。
赤色:危険度が非常に高い
黄色:比較的危険度が低い
緑色:危険度が極めて低い
また、過去の事例やトラブルをデータベース化して、参照することができるようにすることで、想定外の突発的な事故やリスクが発生した場合でも、その影響を最小限に抑えることができると考えました。このリスク設定機能により、食品衛生管理担当者には維持管理をしやすく、現場作業者には危険性[度]表示されているアクティビティに注視しやすくなりました。

その他機能

Previous
Next

ダッシュボード機能

ダッシュボードは、企業の重要なステータスおよびパフォーマンスメトリックの概要ビューを設定する場所を提供します。iGrafx Platform上では、時間ベース、カテゴリベース、およびロールアップデータを使用して、パフォーマンスインジケーターのグラフ作成機能を提供します。パフォーマンスインジケーターチャートは高度にカスタマイズ可能で、パフォーマンスインジケーターデータを視覚化するための幅広い表示オプションを可能にします。チャート機能のいくつかのクイックガイドについては、次のサンプルチャートを参照してください。このダッシュボード機能により、品質管理担当者に維持管理しやすく、視覚的に現在の状況や問題点を把握できます。

文書Word形式で出力機能

リポジトリに格納されたフローチャートやプロセスオブジェクトのリレーション情報をWord形式で出力することができます。HACCPマニュアルの可視化、文書管理できるようなカスタマイズをすることできます。

手作業から解放され、コストも削減!

プロセス上で見えてくるリスクに対する監視ポイントに対して適切な技術を導入し、上がってくる情報をプロセスフロー上に表示する。
これにより常に製造現場のモニタリングが可能となり、素早いアクションにつなげることが可能となります。
HACCPソリューションは予めHACCP認証を得るための各種書類のテンプレートや、食品の製造工程などのプロセステンプレートなどが含まれておりますので、
購入後すぐに文書の作成及び整備に着手頂けます。
一般的にこれらの整備に1か月ほどかかるとされている工程を、2日から4日に大幅短縮することが可能です。

    サイトマップ

    私たちについて
    ブログ
    ニュース
    コンタクト