HACCP

ハサップソリューション

HACCP認証取得ため、こんな課題はありませか?

HACCP業務プロセス整理が面倒で時間かかる​
HACCP文書メンテナンス作業の属人化
HACCP文書の整合性の確保が困難
Previous
Next

その問題、iGrafx FLOWCHARTERなら解決できます。

例えば対応業種は以下の通り

iGrafx FLOWCHATERとは?

可視化、ドキュメント化、そして改善

図表はすべての改善のイニシアチブの基礎となります。iGrafx FLOWCHARTERは生産的で使いやすいフローチャート・図表を作成するビジネスグラフィックツールです。複雑なプロセス、システム、ネットワーク図表などを誰でも短い時間でドキュメントすることが可能となります。また、BPMN図表、リーンバリューストリームマップにも対応しています。

BPMNとは

BPMN(Business Process Modeling and Notation)
 BPMI(Business Process Management Initiative)が開発し、現在はOMG(Object Management Group)が保守・仕様管理している“業務プロセスをワークフローとして描画する国際標準記法”。記法を標準化することで全てのビジネス関係者が容易に理解できることを目的としている。

 また、業務プロセスとシステム実装間のコミュニケーションギャップを埋める目的も期待されているため、作成された業務プロセスモデルをITシステム(BPMS)へ取り込めるように機能仕様が定義されている。現在のバージョンは2.0。

iGrafx FLOWCHARTERが選ばれる理由

圧倒的な生産性を実現するフローダイアグラム作図

図形パレットから図形を選択し、配置するだけです。図形をドラッグして
引っ張るような感覚で初心者でも素早く簡単にフローダイアグラムを作成
することができます。また、接続線の繋ぎ直しや線跨ぎの自動変換などの様々な自動補正機能により、直感的で快適な作図作業を実現します。

レポジトリ管理・各工程にHACCP関連書類を紐付ける

エクセル形式のハザード分析表やOPRP/CCP表をレポジトリで管理され、
これらの管理表はフローダイアグラムと内容(工程番号・工程名称等)の整合性を保った形で紐付けることができます。各工程図形に紐付けされている書類を確認しながら遂行する仕組みを築くこともできます。

接続線の自動補生機能

線またぎ自動変換機能

図形のナンバリング

ページまたぎ自動変換機能

フローチャートを整える

業務プロセスの多言語表示

各種ファイル形式出力

リンク機能

図形に、他の図表や、外部ファイル、Web ページへのリンクを張ることができます。リンクは1つの図形に複数張ることもできます。

食品衛生管理システムに対応で重要な「食品温度管理」をIoTで実現します!

「iGrafx Platform+食品温度管理IoT」なら、自動取得したデータはiGrafx Platform ダッシュボードを通じてデータを自動的に監視・記録し、いま手作業で行っている管理システムを自動化することができます。センサーをプロセスにある工程に紐付けるように設置すれば、現場作業者はセンサーとどちらの工程関連されるのが一目瞭然になります。

管理画面様々な表現可能

遠隔でモニタリング

「食品温度管理+IoT」を通じて自動取得したログデータはクラウド上に蓄積されます。蓄積されたデータは集中モニタリングの他、「エリア」、「店舗」、「センサー」ごとにも閲覧・集計できるため均一な品質管理が可能となります。

可視化

温度データを直感的インターフェースで可視化。リアルタイムの温度情報と過去の実績値を数値表示。ダッシュボードを提供します、様々な表現が可能です。

通知機能

測定している温度に異常が発生した際は、自動音声・メール等で自動発報されるため、コールセンターを通さずダイレクトに指示・連絡ができます。温度異常や機器故障のみならず、食品事故発生時の状況確認、対策メンバーへの情報共有・緊急対応指示もiGrafx Platform ダッシュボードを通じてポータル上で迅速におこなえるため、営業への影響を最小限にとどめます。また、非常時の連絡は電話やメールなど複数の連絡手段で繋がるまで繰り返し連絡し続けます。

iGrafx PLATFORMとは?

プロセス管理、共有、そして継続的改善へ

iGrafx Plarform は、企業の業務プロセスを管理するためのクライアントサーバソリューションです。企業プロセスナレッジである、iGrafxドキュメントやその他のドキュメントを管理、公開、共有する環境を提供することで、継続的なビジネスプロセスマネジメントを強力に支援します。

iGrafx PLATFORMが選ばれる理由

企業全体でのコラボレーション

プロセスナレッジを共有することで組織や部門を超えたハイレベルな改善に取り組むことができます。共有されたプロセスに変更を加える場合、他部門に大きな影響を与える可能性がありますが、iGrafx Platformを使用することにより、プロセスを共有する部門同士はお互いへの影響を考慮しながら、革新的かつ建設的な業務改善に取り組むことができます。

変更履歴は自動記録

プロセスが複雑化すると、いつ、誰が、どのような理由でプロセスに変更を加えたのか、詳細な変更履歴を残しておく必要があります。iGrafx Platform は作成者や変更者、変更時刻を自動的に記録し、さらに、変更者がコメントを追加することができます。また、柔軟なアクセス権の設定により必要な情報を必要な人にだけ提供することができます。

すべてiGrafx Platform に対応しています

iGrafx シリーズに iGrafx Platform Client を追加でインストールするだけで、すぐに iGrafx プロセスリポジトリにアクセスすることができます。また、iGrafx管理者はデータベースに関する特別なスキルがなくても、専用の管理ツールを使って簡単にデータベース管理を行うことができます。

iGrafx Platformの機能

まずプロジェクト管理プロセスの要素分解を行い、各要素をiGrafx上で業務フロー図に落とし込んでいきます。その後、各要素に関連する資料や成果物などのリソースを業務フロー図にリンクしていきます。内容が専門的で項目数も多いので、手間と時間がかかる作業ではありますが、Microsoft Excelやほかの情報共有ツールを使うのに比べれば、iGrafxを使った情報の登録・修正作業はとてもスムーズです。

記述機能

製品概要に関する情報を自由に入力・修正することができます。

ドキュメントの一元管理

部門データディクショナリ

リポジトリ内で共通で使用される部門名称を共有情報として管理できるようになりました。これにより、部門名称に変更があった際には、その部門名を使用する図表に対しひとつひとつ修正を行う必要はなく、管理された部門名を変更する事で図表上の部門名が自動的に更新されます。

ドキュメント検索

リポジトリに格納されたドキュメントは、変更者、変更日時、承認の状態、ドキュメント名など様々な条件を設定し、高度な複合検索が可能です。膨大な量から、類似するプロジェクトの情報、目的のドキュメントを素早く見つけ出すことができます。Web Central からのドキュメント検索も可能です。

アクティビティリストの表示

iGrafx Platform エクスプローラウィンドウ上に、アクティビティリストを表示します。図表内に含まれているアクティビティ名称の一覧が表示されることにより、図表の内容を展開表示させることなく、確認できます。

さらに図表内に含まれているアクティビティの記述を表示し、アクティビティ担当者、責任者など関連情報も確認できます。

リスクマトリックス設定

iGrafx Platform上で、図表内に含まれているアクティビティのリスクの影響、発生可能性をその危険性[度]毎に色分けする事にしました。
赤色:危険度が非常に高い
黄色:比較的危険度が低い
緑色:危険度が極めて低い
また、過去の事例やトラブルをデータベース化して、参照することができるようにすることで、想定外の突発的な事故やリスクが発生した場合でも、その影響を最小限に抑えることができると考えました。このリスク設定機能により、食品衛生管理担当者には維持管理をしやすく、現場作業者には危険性[度]表示されているアクティビティに注視しやすくなりました。

その他機能

Previous
Next

ダッシュボード機能

ダッシュボードは、企業の重要なステータスおよびパフォーマンスメトリックの概要ビューを設定する場所を提供します。iGrafx Platform上では、時間ベース、カテゴリベース、およびロールアップデータを使用して、パフォーマンスインジケーターのグラフ作成機能を提供します。パフォーマンスインジケーターチャートは高度にカスタマイズ可能で、パフォーマンスインジケーターデータを視覚化するための幅広い表示オプションを可能にします。チャート機能のいくつかのクイックガイドについては、次のサンプルチャートを参照してください。このダッシュボード機能により、品質管理担当者に維持管理しやすく、視覚的に現在の状況や問題点を把握できます。

文書Word形式で出力機能

リポジトリに格納されたフローチャートやプロセスオブジェクトのリレーション情報をWord形式で出力することができます。HACCPマニュアルの可視化、文書管理できるようなカスタマイズをすることできます。

食の安全のため、食品衛生の業務プロセスの改善・最適化

HACCPが施行されると、HACCP対応で重要な「食品温度管理」「金属検査」 「放射線検査」する必要がありますが、現時点は手作業で紙に記録し、保管・管理されている場合が多い状況です。人件費が高騰して人手が足りないという課題が出てきたり、記録漏れや測定ミス発生の可能性が高くなるなど業務管理性や生産性が低下することが予測されます。

「IoT」なら、製造場や冷蔵庫・冷蔵ショーケースにセンサーを設置してデータを自動的に取得し、人による手作業工数の削減が可能が可能となります。さらに記録漏れや測定ミスなどを予防し、管理業務の効率化に役立ちます。

手作業から解放され、コストも削減!

このIoT技術により、食品衛生管理担当者に維持管理しやすく、現場作業者には食品事故発生時の状況確認、対策メンバーへの情報共有・緊急対応指示もIGrafx Platform ダッシュボードを通じてポータル上で迅速におこなえるため、営業への影響を最小限にとどめます。どれだけ作業が効率になるのか定性的な面を見てきましたが、ここから定量的なデータを比較して、そのような効果があるかをご説明します。
ツール導入時は、一時導入費用が発生することで、感覚的には多く費用がかかっていると思われがちですが、実際にはシステムを使い続けることによって人件費非効率的な作業に時間を費やす必要はなくなります。

    サイトマップ

    私たちについて
    ブログ
    ニュース
    コンタクト